お知らせ


G空間シティ構築事業テスト用サイト

九州は、自然災害の頻発地であり、ここ近年は毎年どこかで大きな豪雨災害が発生しているといえます。なかでも福岡県では、梅雨前線による被害がおおく、雨の降り始めからわずか数時間後に河川氾濫に至ってしまうこともあります。そのような自然災害と私たち地域住民はどのように共存していけば良いのでしょうか?
G-mottyでは、私たち地域住民が普段利用する“地図”と自治体の発信する“各種警戒情報”を重ね合わせて表示することで、自ら“早めの避難を判断する材料”として“より身近な警戒情報”を提供していきたいと考えています。 (一部、「福岡県防災ホームページ災害への備え」より抜粋)




各種ライブカメラ 

「雨量計」「河川水位計」「河川ライブカメラ」を1つのアプリケーションで閲覧することができます。







また、もしもの災害時、困るのが“停電”です。テレビやラジオなど情報を得るために欠かせない電気製品がすべて使えなくなり、近年では“安否確認”を行うための携帯電話・スマートフォンの充電もできなくなります。そこで、G-mottyでは、系統電源だけに頼らない“防災に強いまち”を目指します。

私たちのまちの発電量 

私たちが暮らす地域で作られている“エネルギー”。その中の一つ、“ごみ”から熱エネルギーが作られていることを知っていましたか?

私たちのまちの日射量シミュレーション 

 


建物や樹木の高さをまでを考慮したシミュレーション。
太陽光発電を検討している方、必見!

電気自動車を動く蓄電池に見立てた電力輸送システム

 
 

みんなで作る地図 ストーリーマップ よかもん市場 地元いちばん らく宿北九州 防災 AED 地形を知ろう