平成28年12月13日に、『赤ちゃんから高齢者までのすべての人が、 自分にできること、小さなこと、身近なことなどなんでも気軽に「おたがいさま」の気持ちで助け合い、 そんな小さな心に寄り添う「お節介」な人たちによる笑顔がいっぱいの地域にしていくことを目的』として、 北九州市八幡西区にある地域包括ケアセンターもやい内に創設された “一般社団法人 北九州おたがいさま推進事業協会”をご紹介します。

事業目的

  1. 地域包括ケアの構築と推進事業
  2. 地域包括ケアセンターもやいの運営
  3. 小学生から高齢者までが取得できる資格「お節介士」の養成
  4. 「生活支援」「介護・医療」のほか「いきがい」「居場所」「シニアのお仕事」などの
    必要とされる情報収集、情報提供や、
    さまざまな団体等とのマッチングを図るなど支援を必要とする人のためのプラットホームとなる
  5. 福祉協力員をはじめとする社協やその他の地域活動等を行っている団体の活動紹介や活動支援を行う
  6. 「何かをやってみたい」「知りたい」人のためのセミナーや各種体験の場をつくったり交流会の開催
  7. 地域の多世代交流のための場の創出やイベント等の企画
  8. 地域活性や多世代交流を目的とした地域コミュニティFM のラジオ番組の企画放送
  9. 日常生活支援事業の企画、運営
  10. 多世代食堂、マルシェの企画、運営

地域貢献活動

施設を拠点として地域住民の顔の見える関係を目指す地域貢献活動を行っています。

施設を地域に開放し多世代の地域住民が自然な形で出入りすることにより、 入居者にとっては社会から隔絶されることなく町の住民として生活を継続できる。 また、医療、介護、企業、商店、地域や活動団体などと地域包括ケアの会議やマルシェの開催、 いきいきサロンなど地域を巻き込んだ取り組みをしている。 施設内に医療や介護、福祉等の地域のよろず相談所「地域包括ケアセンターもやい」を設置し ケアマネを配置して相談を受けている。

*洞南もやい通りマルシェ

洞南もやい通りマルシェ

*地域の高齢者の「いきいきサロン」

地域の高齢者の「いきいきサロン」

*施設内のカフェは
地域の人も利用する

施設内のカフェは地域の人も利用する

*入居者も地域の子どもたちと地域住民としての自然な関わり

入居者も地域の子どもたちと地域住民としての自然な関わり

現在・過去の取り組み

  1. 地域包括ケア推進会議の開催
  2. 地域包括ケアセンターもやいの運営
  3. 繁活セミナー(終活セミナー)の開催
  4. 洞南もやい通りマルシェの開催
  5. 地域貢献まち美化活動(毎月2回公園や歩道などの清掃活動をしています。)
  6. 多世代共生ひとつ屋根プロジェクト(高齢者と大学生がひとつ屋根の下で共同生活)

みんなで作る地図 ストーリーマップ よかもん市場 地元いちばん らく宿北九州 防災 AED 地形を知ろう